北九州市立大学同窓会

HOME > 活動> 支部総会 > 大分支部(2017年)

総会

大分支部

H29年度大分支部総会 大分センチュリーホテル H29年11月25日

 第28回支部総会には同窓会本部の善正善会長、直近の衆 院選に急遽立候補して当選した横光克彦氏(S42・米英)、 中津支部長代理・県議会議員の馬場林氏(S52・経済)、 宇佐・高田支部長代理の中島敏明氏(S44・米英)の来賓 4名と平成以降の卒業生22名、女性11名、初参加8名を 含む総勢52名が出席。司会は高嶋和代氏(H17・比較文 化)、抽選会は宮野聡氏(H17・経済)の同期生が担当。 参加率順位全国第6位の好結果を残せた大学創立70年記念 募金のお礼を支部長が述べて始まった総会では会務報告・ 会計報告・会計監査報告・役員改選などの議案はいずれも 拍手で承認され、特に今回は10月26日に発足した「女性 の会」が注目を集めた。
 さて役立つ同窓会≠ェキーワードの会員卓話、昨年の若 手ベンチャー起業家に変わって今年は大ベテラン経営者・ 池部和壽氏(S39・米英)。日本建装工業の社長で、取り扱 う電子瞬間湯沸かし器「エマックス」(新幹線の手洗いや化 粧室で使われる)はJR東日本を中心に現在1800台が新幹 線に利用されている。その売込み中に入ってきた最新情報、 減圧されたチューブ内を高速で列車を運行する次世代交通 システム「ハイパーループ」の現状を紹介。すでに公開テ ストまで実施されていて、費用は現在の高速鉄道の10分の 1という。新幹線やリニアの先を行く次世代高速鉄道のア メリカの現在に驚きの声が上がる。
 懇親会の乾杯の音頭は竹田市の甲斐正章氏(S41・商)。 彼が営む創業400年を超える老舗は卵の藤野屋∞ハー ブ豚の藤野屋≠ニして有名。昨年6月から九州初、シンガポ −ルへ生卵の出荷を開始、値段は日本の約5倍の1個160〜 200円。初参加者の自己紹介の後の抽選会では先月の本部抽 選会でも1等賞を引き当てた落合信行氏(S49・経済)がホ テルの食事券を獲得。初参加、元応援団の左籐誠一氏(S58 ・国文)のエールで校歌斉唱の後の3本締めは最も若い会員、 久々宮侑菜さん(H28・法)が無事大役を果たした。

支部長 千綾奉文(S43・商)


右:5年ぶり出席、衆議院議員 横光克彦氏(S42・米英) 左:若手ベンチャー起業家 木原寿彦氏(H17・経営情報)


中央:みらい社労保険労務士 堀 貴陽子さん(S63・国文) 右 :大分県庁       田川 桂菜さん (H24・比較文化)